logo

新「HUAWEI P20」シリーズ、4000万画素トリプルカメラ搭載も--AIで写真を美しく

Steve Ranger (ZDNet UK) 翻訳校正: 編集部2018年03月28日 08時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

提供: Andrew Hoyle/CNET

 ファーウェイが2機種の新型スマートフォン「HUAWEI P20」と「HUAWEI P20 Pro」を発表した。最大の特長は刷新されたカメラだ。

 「Android 8.1 Oreo」を搭載するこれらの新型スマートフォンは、パリで開かれたイベントで発表された。

 P20 Proは、6.1インチ、2240×1080の有機ELディスプレイと、4000mAhのバッテリを装備する。ただし、他と一線を画すのはカメラシステムだ。P20 Proのメインカメラは、Leicaのトリプルレンズカメラで、ファーウェイによると、現在提供されているどのスマートフォンよりも総ピクセル数が多いという。このカメラは、4000万画素のRGBセンサ、2000万画素のモノクロセンサ、800万画素の望遠レンズ搭載センサで構成されている。


提供:Image: Huawei

 P20は、5.8インチ、2244×1080の液晶ディスプレイと、1200万画素のRGBセンサと2000万画素のモノクロセンサで構成されるデュアルレンズのメインカメラを装備する。バッテリは3400mAh。

 どちらの機種も、自撮り用の前面カメラは2400万画素。

 ファーウェイによると、「Kirin 970」プロセッサは自動的に、19のカテゴリの500を超えるシナリオを識別し、写真モードとカメラ設定を選択するという。また、「AI-Assisted Composition」と同社が表現する機能が搭載されており、集合写真や風景写真の撮影に対して「インテリジェントな提案」をするという。このプロセッサによって、物体の写真を撮影してからAmazonで販売されていないか検索する機能なども実現されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]