logo

Facebook、通話やSMSの履歴を無許可で記録しているとする報道を否定

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年03月26日 11時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookが「Android」スマートフォンからユーザーの通話やSMSの履歴を無許可で記録しているとArs Technicaが報じた。同社は米国時間3月25日、この報道を否定する声明を出した。

 一部のユーザーの情報が記録されるのは確かだが、この機能は「最初からずっとオプトイン限定である」とFacebookは述べた。この機能が有効化されると、Facebookは通話やSMSが送受信された時間などを確認することができる、と同社は述べた。

 Facebookは声明の中で、「Facebookがユーザーの通話やSMSの履歴を無許可で記録しているとする先頃の報道を目にした人もいるかもしれない。これは事実と異なる。(中略)ユーザーがこの機能を使用することに明白に同意しない限り、それらの履歴は記録されない」と述べた。

 Ars Technicaの25日の報道によると、Facebookからダウンロードした自分のデータファイルに、約2年分の電話のメタデータが含まれていることを一部のFacebookユーザーが発見したという。Facebookは「知り合いかも」アルゴリズムの改善のために、電話連絡先データへのアクセスを要求している、とArs Technicaは報じた。

 「通話やSMSの履歴の記録は、Android版『Messenger』および『Facebook Lite』ユーザー向けのオプトイン機能だ。(中略)確かにわれわれはAndroidから特定の許可を受けてはいるが、この情報をアップロードすることは、最初からずっとオプトイン限定である」(Facebook)

 Facebookによると、この機能が通話やSMSの内容を収集することはなく、収集された情報が第三者に販売されることもないという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]