logo

FacebookのザッカーバーグCEO、米英紙の全面広告で謝罪--データ不正使用疑惑で

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年03月26日 08時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookの最高経営責任者(CEO)を務めるMark Zuckerberg氏は、米国と英国の現地時間3月25日付けの新聞複数紙に全面広告を掲載し、Cambridge Analyticaのデータ不正使用スキャンダルに関して謝罪した。

 Zuckerberg氏は署名入りの広告で、「ある大学の研究者が作成したクイズアプリが、2014年に多数のFacebookユーザーのデータを流出させたことを皆さんも耳にしていることだろう」とし、2016年の米大統領選期間中にFacebookのデータを不正使用したとされるデータ分析企業に言及した。

 広告は、The New York Times、Washington Post、The Wall Street Journalのほか、英国のThe Observer、The Sunday Times、Mail on Sunday、The Sunday Mirror、Sunday Express、The Sunday Telegraphに掲載された。Zuckerberg氏はこの広告の中で、「それは信頼を裏切る行為であり、当時さらなる行動を取らなかったことを申し訳なく思っている。現在、このようなことが二度と起きないように対策を講じている」と述べている。

 同氏は議論が高まる中、21日にもコメントを出している。

 広告ではCambridge Analyticaを名指ししていないが、似たようなプライバシー侵害が今後起きないよう、Facebookが既に対策を講じているとしてユーザーに安心感を与えようと努めているようだ。

 Zuckerberg氏は、「対応前に大量のデータにアクセスできていたすべてのアプリの調査も実施している。他にもあると考えている」と述べた。「発見した場合はそれを禁止し、影響を受けたすべてのユーザーに通知する」(Zuckerberg氏)

 Cambridge Analyticaは、大統領選期間中のDonald Trump陣営との活動で、第三者研究機関を通して受け取ったFacebookのデータを使用したことを認めていない。

Facebook
提供:Oli Scarff / AFP/Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]