logo

Facebookユーザー5000万人超の個人情報、トランプ陣営利用企業が大統領選で不正使用か

Mike Sorrentino (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年03月19日 09時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 データ分析企業Cambridge Analyticaが、膨大な数に上るFacebookプロフィールからの個人情報を、ユーザーの同意を得ることなく取得していたという。The New York Times(NYT)のほか、英紙ObserverとGuardianが週末にかけて報じた

 2016年の米大統領選でDonald Trump陣営が利用していたCambridge Analyticaは選挙期間中、その情報を利用し、有権者をターゲットとする手法を構築することができたという。

Facebook
提供:Scott Stein/CNET

 Facebookの文書、そしてNYTやThe Observer、The Guardianに話をした元従業員らによると、5000万件を超えるFacebookプロフィールが影響を受け、その活動に100万ドルが投じられたという。

 Guardianによると、Cambridge Analyticaに勤めていたデータサイエンティストのChristopher Wylie氏はObserverに対し、「Facebookを利用し、膨大な数の人々のプロフィールを収集した。そして、それらの人々に関して得た情報を利用し、その心理的な弱さに訴えるようなモデルを構築した」と述べたという。

 この報道の前日、Facebookは、Cambridge Analyticaによるユーザーデータの扱いに誤った部分があったとして、同社のアカウントを停止した。Facebookによると、心理学者用の調査ツールとされていたアプリがまず情報を収集し、その中にユーザーの情報、友達、「いいね」をしたコンテンツなどのデータが含まれていたという。同アプリは、ユーザーに対してパーソナリティ診断を行うとするものだった。ユーザーは同アプリに自分の情報を共有することに同意したが、NYTによると、その情報を第三者に共有することに同意したユーザーはわずかだったという。

 Facebookは2015年に、データがCambridge Analyticaなどの企業に渡っていたことを把握し、それらの企業に情報の破棄を要請した。Facebookのバイスプレジデントで次席法務顧問のPaul Grewal氏は、Facebookはデータが破棄されていなかったとの報告を調査しており、Cambridge Analyticaのアカウントを停止していると述べた。

 Grewal氏は17日の声明で、「あらゆる手段を講じて問題のデータが完全に削除されているかどうかを確認するとともに、規則に反するすべての関係者らに対して措置を講じるつもりだ」と述べた。

 Cambridge Analyticaはツイートで、「Facebookのサービス規約を完全に遵守」しており、Facebookのプロフィールからの「データを一切保有または使用」していないと述べている。また同社のウェブサイト上の声明へのリンクも掲載し、その中で、データは削除済みであり、Cambridge Analyticaは本件についてFacebookと連絡を取っていると述べている。

 米CNETは現在、ホワイトハウスにコメントを求めているが回答は得られていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]