logo

オトバンク、オーディオブック配信サービスを刷新--月額制聴き放題も本格導入

佐藤和也 (編集部)2018年03月20日 16時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オトバンクは3月20日、オーディオブック配信サービス「FeBe」を全面リニューアル。新たに「audiobook.jp」(オーディオブックドットジェイピー)としてサービスを開始した。これまでの個別購入に加え、月額750円で聴き放題となるプランも本格導入する。

同社が2017年に行ったオーディオブックの利用シーンのアンケートより
同社が2017年に行ったオーディオブックの利用シーンのアンケートより

 オーディオブックは、ナレーターや声優が本を朗読した“聴く本”。耳だけで読書を楽しめるため、文字を読むのが難しい方のほか、ランニング中、電車や車での移動時間、家事の最中など、生活のあらゆるシーンでながら読書が楽しめる。

 これまでFeBeの名称でオーディオブック配信サービスを展開していたが、オーディオブックの国内浸透やユーザー拡大に向けてわかりやすい名称にするという狙いから、audiobook.jpに改称。なお、FeBeに登録しているユーザーは、登録済みのメールアドレス、パスワードをそのまま利用可能。また、FeBeで購入済みの音源は、新しいアプリでもダウンロードが可能となっている。アプリでは、0.5~4倍まで0.1刻みでシームレスな再生スピード調整が可能、また音声のダウンロードは可能となっており、外出時でもデータ通信量を気にせず聴取することができる。

  • アプリ画面(聴き放題)

  • 再生画面

  • ブックリストイメージ

 これまではAndroidアプリで別途提供していた月額750円の聴き放題プランも、統合して本格導入。全2万3000点のうち1万点が対象としている。今後、日経新聞の主要なニュースを音声で聴ける「聴く日経」も対象に追加する予定。入会から無料期間を30日間設ける。

 今後の展開として、コンテンツホルダーと協力により、オリジナルコンテンツの制作を企画しているほか、各種スマートスピーカへの対応なども予定しているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]