logo

Facebook、データ流用の問題で外部企業にCambridge Analyticaの監査を依頼

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年03月20日 12時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは現在、約5000万件のユーザーデータ不正流用をめぐるスキャンダルの対応に追われている。同社はこの問題の調査で外部企業の力を借りていることを明かした。

 Facebookは米国時間3月19日、デジタルフォレンジック企業のStroz FriedbergにCambridge Analyticaの包括的監査を依頼したことを明かした。Cambridge Analyticaは、2016年の米大統領選でトランプ陣営が利用したコンサルティング会社で、サードパーティーアプリの開発企業からユーザーアカウントデータを受け取ったとされている。


提供:Getty

 先週末、The New York TimesとThe Guardianが報じたところによると、そのデータは最初、英ケンブリッジ大学教授のAleksandr Kogan氏からもたらされたという。Kogan氏が開発したアプリ「thisisyourdigitallife」は性格診断を行うもので、「心理学者が使用する研究アプリ」と宣伝されていた。

 同氏はFacebookのログイン機能を通して、27万件のアカウント情報に合法的にアクセスしたが、その後、そのデータをCambridge Analyticaに譲渡することで、Facebookとアプリ開発者の規約に違反した。Cambridge Analyticaで働いていたChristopher Wylie氏がこの問題を報道機関に告発した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]