logo

アップル、MicroLEDディスプレイを自社開発か

Joshua Goldman (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年03月20日 09時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの携帯端末事業に、自社開発のパーツがもう1つ加わるかもしれない。同社は、MicroLEDディスプレイを独自に開発していると報じられている。


提供:Sarah Tew/CNET

 「Apple Watch」や「iPhone X」に現在搭載されている有機ELディスプレイよりも製造が難しいとされているMicroLEDディスプレイが、カリフォルニア州の施設でひそかに開発されていると、同プロジェクトに詳しい関係者らが匿名を条件にBloombergに語った。MicroLEDディスプレイは、有機ELディスプレイよりも輝度が高く消費電力が低くなる可能性があるほか、端末をさらに薄くすることもできるという。

 Appleは、同社の携帯端末用のプロセッサを何年も前から独自に開発しているが、ディスプレイについてはサムスンやLGなど他のメーカーから供給を受けている。このMicroLEDディスプレイは同社が初めて手掛けるディスプレイになるかもしれないが、開発は進んでいるものの、近い将来にApple製品に使われる可能性は低そうだ。

 Bloombergによると、このディスプレイはAppleが開発して製造するが、6万2000平方フィート(約5760平方メートル)の施設では量産するには小さすぎるという。Appleには製造パートナーか、量産用の工場を購入することが必要になりそうだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]