logo

オーディオ評論家によるウルトラアートレコード、第1弾作品をハイレゾ配信

加納恵 (編集部)2018年03月20日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オーディオ評論家の潮晴男氏と麻倉怜士氏が代表を務めるウルトラアートレコードは3月16日、第1回リリース作品「情家みえ・エトレーヌ」のハイレゾ配信を開始すると発表した。配信開始は3月20日、価格は3000円になる。

 情家みえ・エトレーヌは、1月17日に高音質のUHQCDとして発売。今回のハイレゾ配信はリニアPCM192kHz/24bitで行い、e-onkyo musicはWAVとFLAC、moraはFLACで配信する。e-onkyo music、moraの各ウェブサイトでは、特設ページで録音当日の様子がドキュメントされている。

-PR-企画特集