logo

KDDI、アジア地域11拠点を結ぶ光海底ケーブル「SJC2」の建設保守協定を締結

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは3月15日、アジア地域11拠点を接続する光海底ケーブル「Southeast Asia-Japan 2 Cable」(SJC2)について、China Mobile International(中国)、Chunghwa Telecom(台湾)、Chuan Wei(カンボジア)、Facebook(米国)、SK Broadband(韓国)、Singtel(シンガポール)、VNPT(ベトナム)と共同で建設することに合意し、建設保守協定を締結したと発表した。


 また、日本電気(NEC)とSJC2のシステム供給契約を締結した。

 SJC2は、日本とシンガポールを直接接続し、韓国、中国本土、台湾、香港、ベトナム、カンボジア、タイに分岐する、総延長約10500kmの光海底ケーブル。最新のDWDM(Dense Wavelength Division Multiplexing)技術を利用し、設計容量は144Tbpsで、2020年中の完成を予定している。


 日本側は、2016年6月運用開始のFASTERと同様に千葉県南房総市および、三重県志摩市の2カ所に陸揚げすることで、東西に2分散した拠点から米国向けに加え、アジア向けの接続を強靭化し災害対策を強化することにより、より安定的な国際通信サービスを提供するという。

 なお、SJC2は主要データセンターまでシームレスに接続できるように、シンガポールと香港においてケーブル陸揚局からデータセンターまでの回線も合わせて手配する予定。

 同社では、SJC2への出資を通じ、動画視聴やクラウド利用、IoTの活用など今後ますます増加することが予想されるアジア、太平洋域における通信需要に対応し、これまで以上に信頼性の高い通信サービスを提供するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]