logo

名刺交換シーンのアナログとデジタルの架け橋に--「Eight」新機能の狙い

佐藤和也 (編集部)2018年03月15日 11時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sansanは3月15日、個人向け名刺アプリ「Eight」について、複数枚撮影などに対応した新機能「クイックスキャン」を実装した。

「クイックスキャン」について
「クイックスキャン」について

 Eightはスマートフォンのカメラで名刺を撮影するだけで名刺管理ができるアプリ。名刺データはスマホだけでなく、PCでも閲覧が可能となっている。

 新機能となるクイックスキャンでの特徴は、複数枚の名刺をまとめて撮影できるようになったことと、瞬時に文字を認識し、相手もEightを使っている場合はその場でつながり、プロフィールの確認やメッセージのやり取りができるという。Eightを使っていない相手だった場合には、メールで自分の名刺情報を送ることができるので、名刺を持ち合わせていなくても連絡先の交換が可能になるという。

名刺を撮影をしたらすぐ返す--インドでの光景もヒントに

 Sansan取締役 Eight事業部長の塩見賢治氏は、クイックスキャンの機能追加にあたり、複数枚撮影の要望が根強くあったことを背景に挙げたほか、即時データ化も含めて撮影体験の向上を主眼においたと語る。ほかにもメールで名刺情報を送る機能について、いわゆる“名刺を切らした”というシーンでも役立つところと語る。

Sansan取締役 Eight事業部長の塩見賢治氏
Sansan取締役 Eight事業部長の塩見賢治氏

 Eightが進出しているインドで多く見られた、名刺を撮影してそのまま返すという光景も開発のきっかけになったと振り返る。「日本では、いただいた名刺をそのまま返すことに抵抗感を覚えると思うが、海外ではいろんなやり方があるという気づきを得られた。アナログなところとデジタルなところをつなぎ合わせるソリューションを提供すればいけるのではと思った」という。

 なお、これまでも撮影された名刺データをオペレーターが人力で文字データに変換することで、正確な情報を管理していた。OCRによるクイックスキャンでも高い精度はあるとしたが、不備があった場合は手入力で対応する形で、正確な情報を担保するという。

 「名刺交換の本質は、ビジネス情報が交換されて活用すること。交換する場でそのまま使ってもらえることが大事であり、これが発展してデジタルtoデジタルで完結する世界まで進んでいくことが理想にある。ただ、今はアナログとデジタルをつなぎ合わせていく段階。今回の機能追加はそれに向けた架け橋となるアプローチであり、この機能を活用する方が増えれば、よりビジネスプロフィールのやりとりが活性化が進むのとあわせて、デジタル化も進んでいくものととらえている」と語った。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]