logo

クレディセゾン、株価連動で「永久不滅ポイント」が増減する投資サービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クレディセゾンは3月13日、クレジットカード利用などでたまる「永久不滅ポイント」において、運用プラットフォーム「運用口座」を構築し、新たなポイント運用サービスの提供を3月14日より開始すると発表した。


 同社では、2016年12月に永久不滅ポイントを使い、証券口座開設不要で気軽に投資体験できる「ポイント運用サービス」を開始。約1年で11万人以上のユーザーが投資を体験しているという。

 今回の運用口座では、東証株価指数「TOPIX」に連動する「日本株(TOPIX)コース」、米主要500銘柄の株式指数に連動する「アメリカ株(VOO)コース」を新設。また、毎月一定数の永久不滅ポイントを日本株コースかアメリカ株コースに自動で積み立てる「つみたて機能」も実装する。

 また、個別企業株価に連動したポイントサービス「StockPoint」を展開するSTOCK POINTと連携し、新たに「株式コース」を開始。これは、特定の銘柄の株価と永久不滅ポイントを連動させるもので、当該銘柄の1株価格に相当するポイント数になると、実際の株式と交換できる。対象銘柄についてはユーザーのウェブアンケートで決定するとしている。

 同サービスは、クレジットカード会員のほかセゾンポイントモールのユーザーが対象で、永久不滅ポイントを運用口座にチャージすることで利用可能となる。なお、運用中のポイントは、任意のタイミングで取り出すことができ、運用口座からウォレットに戻すことでAmazonギフト券など、アイテムに交換できる。各取引での手数料は発生しない。

 同社では、今回の新サービスにより、資産形成・ 資産運用への学習機会を強化し、金融市場全体の健全な発展と国内に投資文化を根付かせたいとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]