logo

JR西日本、音声案内を多言語化--パナソニック「メガホンヤク」技術応用

加納恵 (編集部)2018年03月09日 15時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニック システムソリューションズ ジャパンは3月9日、メガホン型多言語音声翻訳サービス「メガホンヤク」のソフトウェアを応用した「多言語音声翻訳放送システム」を西日本旅客鉄道(JR西日本)に導入すると発表した。3月30日に京都駅、西九条駅、ユニバーサルシティ駅、天王寺駅、姫路駅で使用を開始する。

メガホンヤクと既存の放送設備を掛け合わせることで多言語案内が実現する
メガホンヤクと既存の放送設備を掛け合わせることで多言語案内が実現する

 メガホンヤクは、定型文登録によりかんたん操作で高精度の音声翻訳ができるメガホン型翻訳機。定型文の管理や更新、ソフトアップデートの配信などをするメンテナンス クラウドとセットで使用する。

 JR西日本に導入するのは、メガホンヤクのソフトウェアをタブレット端末である「TOUGHPAD」に搭載し、駅構内の放送設備に接続した「多言語音声翻訳放送システム」。これにより、駅のコンコースやホームに、予め登録した英語、中国語、韓国語の案内を放送することが可能になる。

 列車案内・のりば案内・のりかえ案内などの平常時に加え、遅れ案内・運転見合せ案内・運転取りやめ案内・のりば変更案内といった異常時の案内にも対応。駅利用時の注意を喚起するとしている。対象駅は順次拡大する予定だ。

画面イメージと導入メリット
画面イメージと導入メリット

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]