logo

自動運転トラックでドライバーの業務改善を目指す米Starsky Robotics

Kyle Hyatt (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年03月09日 12時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トラックの運転は長時間にわたり変化に乏しく、家族と離れて過ごさなければならない仕事だ。疲労と時間との戦いといえる。米スタートアップ企業のStarsky Roboticsは、自動運転のセミトラックを実現することで、こうした状況を変えようとしている。

Starskyのトラック
提供:Starsky Robotics

 Starskyは、公道で初めて完全に無人のトラックの自動運転を実施したことを米国時間3月8日に発表した。文字通り無人で、緊急時に備えたドライバーもエンジニアも同乗していない。トラックはフロリダの幹線道路を7マイル(約11km)にわたり、確かに一直線で他に車のない道路だったとはいえ、事故なく走った。この種のテストはこれまでにないものだという。


 Starskyは以前、ハリケーン「イルマ」の発生時に有人ながら自動運転のトラックを使って支援物資を運んだ。物資の輸送にあたったトラックの1台は、安全用のドライバーが介入することなく68マイル(約109km)を完走できた。Starskyのアプローチが自動運転トラックを手がける他の会社とわずかに異なるのは、手際よく安全に運転しやすい幹線道路での自動運転にのみ注力していることだ。トラックでの移動における「ファーストマイル」と「ラストマイル」の部分は、ドライバーによる遠隔制御へと引き継ぎ、より複雑な市街地の道路を移動する。

 Starskyは、トラックのドライバーに取って代わろうとしているのではなく、ドライバーの仕事の面倒で危険な部分を取り除く一方で、ドライバーを人間のスキルが必要な部分に集めようとしている。

 Starsky Roboticsは8日、Shasta Venturesが主導する1650万ドル(約18億円)の資金調達ラウンドを完了したことも発表した。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]