logo

楽天LIFULL STAY、韓国「Yanolja」と提携--国内の民泊物件供給へ

加納恵 (編集部)2018年03月07日 13時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 民泊事業を手掛ける楽天LIFULL STAYは3月7日、韓国で宿泊施設予約プラットフォームを提供する「Yanolja」と業務提携すると発表した。これにより、6月に開設予定の民泊サイト「Vacation STAY」に掲載する日本国内の民泊物件をYanoljaに供給する。

 Yanoljaは、現在1万7000軒を超える宿泊施設とパートナー契約を結んでおり、宿泊予約用アプリ経由の2017年の売上高は650億ウォン以上に上るとのこと。サムスン電子の前CEOであるジン・デジェ氏から、600億ウォン以上の資金調達も実施している。

 日本政府観光局(JNTO)が発表した2017年の訪日外客数によると、2017年の韓国からの訪日旅行客は700万人を超え、中国に次いで2番目。Yanoljaのサービスサイトの利用者は、家族や友人などのグループ単位で民泊施設を多く利用する傾向があるという。

 Yanoljaが海外に展開するのは今回が初めて。両社は今後、韓国からの訪日旅行客に向けて共同でマーケティングを行い、利用者のニーズに合った宿泊施設をとりそろえていくとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]