logo

パナソニックとドコモ、常時接続した「IoT家電」の実証実験を2018年秋に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックとNTTドコモは3月1日、低消費電力で長距離通信が可能な通信技術「LPWA(Low Power Wide Area)」を活用したIoT家電の実用化に向けて、ビジネスモデル開発、技術開発、技術検証などを目的とした共同実証実験を実施すると発表した。

 2018年秋をめどに、東京、大阪、滋賀の三地域で合計1000台規模のLPWA通信機能対応家電を用いた実験を開始する予定。全国規模、かつ大量の家電へLPWA通信技術の導入を想定した実証実験は、国内初の取り組みだという。

 LPWAはIoTに最適な無線技術として幅広い業界で関心が高まっており、ドコモでは積極的にLPWAを活用したネットワークサービスの提供に取り組んでいる。また、パナソニックはスマートフォンやインターネット回線経由でクラウドサービスと接続するIoT家電をすでに発売している。

 ただし、パナソニックのIoT家電でクラウドサービスを利用するには、利用者が家電とネットワークの接続を個別に設定する必要がある。そこで同社は、LPWA機能が搭載されたIoT家電を実用化することで、インターネット回線がない家庭でも、電源を入れるだけでクラウドサービスを利用可能にするとしている。

 また、ドコモが2018年春より開始する、利用者との対話を通じてひとりひとりの要望に的確に応え、サービスを提供する「AIエージェントサービス」の利用も視野に、IoT家電向けクラウドサービスの企画・検討にも取り組むという。

 この実証実験を通じて、LPWA通信技術を搭載したIoT家電の技術とビジネスモデルが確立できた場合には、実用化フェーズに移行する予定。将来的には、年間数百万台規模のパナソニック製のLPWA対応IoT家電を、ドコモの全国規模の広域通信網を経由して両社のクラウドサービスに接続させるとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]