logo

レオパレス21、部屋探しをAIがサポートする「バーチャルデスク」を開始--休日深夜も対応

加納恵 (編集部)2018年02月26日 17時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レオパレス21は2月26日、AIがチャット形式で部屋探しをサポートするシステム「バーチャルデスク」を導入すると発表した。深夜帯や休日、距離が遠い場合でも、部屋探しをサポートする。同日からウェブ版をスタートし、スマホ向けアプリ版は3月29日に公開する予定だ。


「バーチャルデスク」

 バーチャルデスクは、テキストや音声(スマホ版のみ)を通じて、AIと対話しながら部屋探しができるサービス。ウェブサイトの特集ページやFAQへのリンク機能も備え、AIによる最新物件の検索、表示にも対応する。

 レオパレス21では、2017年10月より入居者の相談や質問にAIが回答する「LEO SUPPORT」サービスを開始。部屋探しから入居後のサポートも24時間体制でAIが対応することで、利便性向上と業務の効率化を推進する。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]