logo

ガス発電機の搭載で5時間飛行するハイブリッド式ドローン「Carrier H4 Hybrid」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Harris Aerialは、ガス発電機の搭載で長い飛行時間を可能にするハイブリッド式ドローン「Carrier H4 Hybrid」の量産を開始した。


ガス発電機で飛行時間を長くしたハイブリッド式ドローン(出典:Harris Aerial)

 Carrier H4 Hybridは、4つのローターで飛行するクアッドコプター。ローターは電気モーターで回転するが、それに必要な電力はバッテリとガス発電機から供給する。ガス用タンクの容量は4.3リットルで、4リットル分のガス燃料で3時間の飛行が可能という。飛行時の最高速度は秒速15m。


ガス発電機の電力を利用(出典:Harris Aerial)

 推奨積載量に相当する3kgの装備を載せて飛行させた場合、最長で5時間飛べる。最大積載量の5kgだと、飛行可能時間は約1.5時間になる。


運搬時などは小さく畳める(出典:Harris Aerial)

 サイズはホイールベースが1376mm。荷物も燃料も搭載しない状態の自重は13kg。

Carrier H4 Hybridの紹介ビデオ(出典:Harris Aerial/YouTube)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]