logo

「Googleアシスタント」、2018年内に30以上の言語に対応へ

Jake Smith (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年02月26日 12時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、2018年内に「Googleアシスタント」が30以上の言語で利用可能になり、世界のGoogleアシスタント搭載Androidスマートフォンの95%に対応する予定であることを発表した。アシスタントは現在、8つの言語をサポートしている。

 発表によると、Googleアシスタントは2018年内に多言語での操作にも対応する。まずは英語、フランス語、ドイツ語での多言語対応を予定しており、ユーザーはそれらの複数言語でアシスタントに話しかけることができるようになる。

 また、米国ではルーティン機能が数週間のうちにGoogleアシスタントに追加される。例えば、「Hey Google、ただいま」という1つのコマンドで、照明をつけたり室温を調整したりするなどの複数のアクションが可能になる。


提供:CNET/CBS Interactive

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]