logo

KDDI、2019年に運航予定の海底ケーブル敷設船、名称は「KDDI CABLE INFINITY」に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIとKDDIグループ会社である国際ケーブル・シップは2月23日、2019年5月の運航開始を目途に建造する海底ケーブル敷設船の名称を「KDDI CABLE INFINITY」に決定したと発表した。


 KDDI CABLE INFINITYは、これまでの通信ケーブル、観測・資源探査ケーブルに加え、日本で初めて電力ケーブル工事への対応が可能となる敷設船。通信ケーブルに留まらず、新たな分野へ挑戦していく無限の可能性を感じさせるケーブル船となることへの期待を込めて命名したという。

 なお、KDDI CABLE INFINITYは、2017年9月に着工し、現在、船体の各ブロックを製作している状況。今後、2018年9月に進水、設備の搭載作業を行い、2019年5月に運航開始予定。

 海底ケーブルは、日本の国際トラフィックの99%を収容する重要な社会インフラだとしており、両社は最新の海底ケーブル敷設船ならびに最新IT技術を導入することで、今後も船舶運航および、洋上工事におけるIT改革を推進。これまで以上に信頼性の高い通信サービスを提供するとしている。




-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]