logo

貸主と借り主を直接つなぐC2C型不動産検索サイト「SPACELIST」

加納恵 (編集部)2018年02月23日 12時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 建築、不動産の企画、プロデュースなどを手がけるPAXは2月23日、不動産検索サイト「SPACELIST」をリリースした。部屋のオーナーと借りたい人が直接つながるC2C型不動産検索サイトになる。

C2C型の不動産検索サイト「SPACELIST」
C2C型の不動産検索サイト「SPACELIST」

 一般的な不動産検索サイトは不動産会社が物件情報を掲載するが、スペースリストでは、物件オーナーが部屋の情報を掲載し、借りたいと思う人は直接オーナーに問い合わせられる。

 サイトへの掲載やオーナーへの問い合わせは無料。全国の賃貸住居物件を対象にしており、部屋の募集情報は、全て貸主が掲載する。検索項目に「パン屋さんが近い」「コーヒーショップが近い」や、「改装可能」「フリーレント有り」など、さまざまな項目を設けていることが特徴。大きめの写真や間取り、貸主からのコメントを「goodポイント」「注意ポイント」などでわかりやすく表示するという。

 C2C型の不動産流通形式は、欧米の一部では一般的になっているとのこと。PAXでは、日本においてもC2C型を広め、より良い入居者とのマッチングを図ることで、深刻化する空き家問題などにも対応していきたいとしている。

C2C型の不動「SPACELIST」
お部屋のページ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]