logo

インテル、5G対応PCを2019年に投入予定--デル、HP、MSらと開発中

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年02月23日 12時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは、「Mobile World Congress(MWC)2018」の開幕を前に、商用5Gモデム「Intel XMM 8000」シリーズを使用して「Windows」PCで5G接続を実現するため、Dell、HP、Lenovo、Microsoftと共同で開発に取り組んでいると発表した

 詳細は不明だが、IntelはMWCで同社初の5G対応2in1型コンセプトPCを披露するという。このPCは同社の第8世代プロセッサ「Core i5」と初期段階の5Gモデムを搭載する。Intelは、5G接続のPCを2019年後半に市場投入する計画だ。

 Intelはまた、中国の半導体企業、展訊通信(Spreadtrum Communications)と「複数年にわたり提携」することも発表した。2019年後半までに5G対応スマートフォンプラットフォームを共同開発するという。これもIntelのXMM 8000シリーズモデムをSpreadtrumのアプリケーションプロセッサとともに利用する。

 Intelで5G担当ゼネラルマネージャーを務めるRob Topol氏は、次のように述べている。「これは、XMM 8000シリーズを、私がかつて述べたようにPCのフォームファクタに導入するだけでなく、今後モバイルやスマートフォン端末のフォームファクタにも導入するための素晴らしい機会だ」

 IntelはさらにMWCの場を利用して、Wi-Fi接続規格「IEEE802.11ax」対応のPCや、「eSIM」機能をサポートするPCのモデムソリューションも披露する予定だ。

Intel Xeon D-2100

 Topol氏は、2月に入って発表した「Intel Xeon D-2100」プロセッサに関する最新情報も明らかにした。同氏によると、Xeon D-2100は5Gネットワークでエッジコンピューティングを可能にする。

 「われわれは、5G時代にエッジコンピューティングが大きく成長すると期待している。これはレイテンシの観点からだけでなく、ネットワークのオフロードにも役立つし、何より通信がさらに効率化する」(Topol氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]