logo

Facebook、英国で社内スタートアップインキュベータープログラムを提供へ

Katie Collins (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年02月23日 11時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは2018年、同社初の社内スタートアップインキュベータープログラム「LDN_LAB」を通して、英国の優秀なスタートアップ数社を育成していく予定だ。

 今週より、Facebookは英国でテクノロジを使ってコミュニティーを構築する企業向けに、同社初のインキュベーターコースを運営する。Olio(余った食べ物を捨てずに、近隣の人々や商店とシェアできるアプリを提供する企業)や、GoodGym(ランニングとボランティアを組み合わせたコミュニティーを運営する非営利団体)を含むスタートアップ数社がこれから12週間にわたって、Facebookのロンドンオフィスで指導を受ける。


提供:Barney Warner/Facebook

 GoodGymの創業者で最高経営責任者(CEO)のIvo Gormley氏は次のように述べた。「これから3カ月にわたって、われわれは新たに10カ所の拠点で取り組みを開始する。『LDN_LAB』への参加は、これらの取り組みに大きな力を与え、新たに数千人のランナーが英国のさまざまなコミュニティーに変化をもたらすのを助けるだろう」

 これらの企業は、技術革新の促進、経済的影響の創出、英国のテクノロジエコシステムの強化を目指して、Facebook幹部陣やエンジニアによる訓練を受ける。

 LDN_LABプログラムは、Facebookのより広範な「Community Boost」プロジェクトの一環である。同社はこのプロジェクトを通して、欧州の小規模企業を訓練しサポートすることを目指している。この取り組みは、Facebookが欧州に注力していることを示すものだ。同社は欧州で厳しい監視と詮議に直面している。

 Facebookが2017年12月に開設したロンドンオフィスは、米国外における同社最大のエンジニアリング拠点で、2018年中にさらに2つのインキュベーターコースを運営する予定だ。1つはFacebookとInstagramのクリエーター向けで、もう1つは「コミュニティービルダー」とFacebookページ管理者向けである。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]