logo

[ブックレビュー]仕事の困ったを解決するのは“分け方”かも--「困ったら、『分け方』を変えてみる。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サンマーク出版
詳細:単行本(ソフトカバー) / サンマーク出版 / 著者:下地寛也 / 発売日:2017/12/27 /
内容:「視点を変える」とはよく聞くが、本当に変えるべきは「分け方」かもしれない。会議を活性化するための分け方、ホワイトボードの分け方など、ビジネスに生かされている例とともにコミュニケーションについても言及する本書。分け方を変える効果とは。
「困ったら、『分け方』を変えてみる。」
「困ったら、『分け方』を変えてみる。」

 考えに行き詰まったとき、「別の視点から見てみる」とはよく言われる。だが、案外それは難しいことにすぐに気がつく。そもそも「別の視点」とは何なのか。「同じ人間の考えることなのだから、そうそう新たな視点など出てくるはずもない」と愚痴りたくもなる。本書は、そんなときに、「じゃあ、分け方を変えてみたら?」と言われたような気がする。

 「分け方」と聞いてすぐに思いつくのは、食べ物を分けるときのこと。本書にも、ピザの例などが挙げられているが、ピザを食べようというときに「なぜその分け方なのか」についてまで、考えてみたことのある人はあまりいないのではないか。他にも、部屋のレイアウト(部屋の分け方)、会議を活性化するための分け方、ホワイトボードの分け方などが紹介されているのだが、これらは手軽でありながら、なかなか思いつきにくい方法だと思われるので、すぐに会社などで取り入れられる。

 主には、ビジネスに生かされている例が数多く挙げられているが、人とのコミュニケーションについても言及されている。一見、関係なさそうに見えるが、読み進めてみると、なるほど「分け方」ひとつで心の持ちようも変わるなと驚かされる。まず、取り組んでみたいのは、むしろこちらの分け方かもしれない。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]