logo

エアバス、ドローンによる荷物配達をデモ--2018年中にシンガポールで試験サービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Airbus傘下のAirbus Helicoptersは、シンガポール国立大学(NUS)で荷物配達用ドローン「Skyways」のデモンストレーション飛行を実施し、成功させた。


荷物配達用ドローン「Skyways」のデモ飛行(出典:Airbus)

 Skywaysはマルチコプター型ドローンで、8個のローターで飛ぶオクトコプター。重さ2kgから4kgの比較的小さな荷物を、無人飛行して運べる。NUSの研究チームと共同で開発を進めており、フットボール用グラウンド150個分の面積があるという広大な同大学のキャンパスを使って試験してきた。


NUSの広大なキャンパスで試験(出典:Airbus)

 今回のデモ飛行では、まずSkywaysがメンテナンスセンターから離陸し、NUSの建物の屋根に設けられた荷物ステーションに一旦着陸。そこで、ロボットアームで荷物をつかみ、地上まで飛行して荷物を無事に降ろした。

 Skywaysの開発プロジェクトには、シンガポールのような都市部でドローンによる無人荷物配送の実現を目指す団体Civil Aviation Authority of Singapore(CAAS)や、シンガポールの郵便事業会社Singapore Post(SingPost)も協力している。そして、Skywaysによる試験的な荷物配送サービスを、2018年中にシンガポールで実施する計画。


CAASやSingPostも協力(出典:Airbus)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]