logo

ノキア、睡眠の質向上を支援する「Nokia Sleep」--IFTTTでスマートホーム連携も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ノキアは、ベッドのマットレスの下に入れて睡眠の質などを計測するセンサ搭載デバイス「Nokia Sleep」を発表した。ウェブサービス連携技術のIFTTTに対応しており、起床や就寝に合わせて各種スマートホームデバイスを自動制御する、といった用途にも使える。


IFTTT対応の睡眠トラッキングセンサ(出典:ノキア)

 Nokia Sleepは、マットレスの下に敷き、無線LAN(Wi-Fi)経由でスマートフォン用アプリ「Nokia Health Mate」と連携させて利用する。リストバンド型のアクティビティトラッカなどと違い、体に装着しないため、煩わしさがない。

 内蔵センサで体の動きなどをとらえ、睡眠の深さ、心拍数、呼吸数などを計測してアプリに記録する。いびきも検出する。アプリでは睡眠の質が「Sleep Score」として評価され、よく眠れているかを自分で確認できる。


いびきも検出可能(出典:ノキア)

睡眠の質をアプリで確認(出典:ノキア)

 IFTTTに対応しており、ベッドに入ったタイミングや、ベッドから出たタイミングでさまざまなIFTTT対応デバイスをコントロールすることも可能。例えば、ベッドに入ったら照明を消し、エアコンを睡眠に合った温度へ調整し、スマートフォンをサイレントモードに変え、Google Spreadsheetに時刻を記録する、というシナリオを自動実行できる。


起床や就寝に合わせてIFTTT対応デバイスを制御(出典:ノキア)

 米CNETの報道によると、価格は100ドル(約1万800円)から。2018年の早い時期に発売されるという。

Nokia Sleepの紹介ビデオ(出典:ノキア/YouTube)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]