logo
Indiegogo

LED電球タイプの監視カメラ「LightCam」--配線不要でソケットにねじ込むだけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 防犯のため自宅の周囲に監視カメラを設置したいと思っても、なかなか手間がかかって難しい。壁に取り付けるとなると、ドリルで穴を開けることになる。電源用と映像信号用の配線も必要だ。映像を無線送信するタイプでも、電源を用意しないわけにいかない。

 そこで、電球のソケットにねじ込むだけで設置できる監視カメラ「LightCam」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で支援募集中。


LED電球と監視カメラが一体化(出典:Indiegogo)

 LightCamは、LED電球と監視カメラが一体化したデバイス。通常のLED電球同様、電球用のソケットにねじ込んで使う。動作用の電力はソケットから得て、制御や映像転送に必要な通信は無線LAN(Wi-Fi)を経由するため、電力および通信用の配線は不要。

 ソケットにねじ込み、撮影方向を調整し、電源を入れれば設置作業は完了。あとは、専用のスマートフォン用アプリで設定を施し、映像を監視するだけだ。


電球のソケットにねじ込むだけで設置できる(出典:LightCam公式サイト)

 監視といっても、常に映像を見ている必要はない。動き検出機能を備えており、訪問者があるとアプリから通知されるので、そのときに確認すればよい。さらに、訪問者とLightCamを介して話せる。

 夜間でも監視できるよう、赤外線(IR)ライトによる撮影にも対応。映像は、LightCam内のmicroSDカードに保存するほか、スマートフォンやPCへ転送したり、クラウドストレージにバックアップしたりできる。

 アプリからは、LED電球の点灯タイミングなどが設定可能。例えば、時刻を決めて夜間だけ点灯させたり、動きを検出すると点灯させたり、夜間に動きを検出するとIRライトを点灯させたり、といった動作が選べる。

 Indiegogoでの目標金額は2万2250ドル(約242万2135円)。記事執筆時点(日本時間2月6日15時)でキャンペーン期間は19日残っているが、すでに目標の4倍を上回る約10万2000ドル(約1111万860円)の資金を集めている。

LightCamの紹介ビデオ(出典:Indiegogo/YouTube)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]