logo

アップル、2018年登場の「iPhone」ではクアルコム製チップを不採用か

Katie Collins (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 高橋朋子 (ガリレオ)2018年02月06日 11時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが、同社にベースバンドチップを供給するQualcomm Technologiesに見切りをつけ、2018年登場の「iPhone」ではIntel製チップのみを採用する計画だと、9to5Macが米国時間2月4日に報じた。

 Appleは現在、iPhone向けにQualcommとIntelのチップを採用している。同社はこの体制を「iPhone 7」から続けてきたが、緊張関係が続くQualcommと袂を分かつことにしたと、9to5MacはKGI Securitiesのアナリストの話として報じた。

 記事によると、IntelはAppleがチップに求める技術的要件を満たすことが可能で、Qualcommよりも競争的な価格を提示できるという。

 今回の報道の背景には、AppleがQualcommに支払うべき技術ライセンス料の金額をめぐる両社の法廷闘争がある。モバイルデバイス向けチップで世界最大手のサプライヤーであるQualcommがAppleを特許侵害で訴える一方、2017年12月にはAppleがバッテリ管理技術を違法に使われたとしてQualcommを提訴するなど、両社の争いはエスカレートしていた。


提供:CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]