logo

インテル、スマートグラス「Vaunt」を開発中--網膜に画像を投影

Sean Hollister (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高橋朋子 (ガリレオ)2018年02月06日 10時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回はGoogleではなく、Intelの製品だ。しかもこのスマートグラスは、不気味なサイボーグ用バイザではなく、ごく普通の眼鏡のように見える。


提供:Vjeran Pavic/The Verge

 2017年7月にウェアラブル関連部門を廃止したと報じられたIntelだが、同社の新たなチームが「Vaunt」というスマートグラス製品の開発に取り組んでおり、2018年中にアーリーアクセスプログラムで開発者に提供する計画だと、The Vergeが米国時間2月5日に報じた。

 普通の外観の眼鏡にスマート機能を搭載することを、今まで誰も思いつかなかったのだろうか? 小型のディスプレイと、それなりのサイズのバッテリを従来の眼鏡に組み込むのは非常に難しいのだ。しかし、The Vergeによると、Intelは低出力の赤色レーザーとホログラフィック反射板を組み合わせて、単純な画像を網膜に直接投影することに成功したという。

 Intelの幹部がThe Vergeに語ったところによると、バッテリその他すべてをスマートグラスのテンプル部分に収めなくてはならないが、同社は18時間のバッテリ駆動時間を目指しているという。

 このグラスは目に画像を投影するものだが、これはまったく新しいアイデアというわけではない。競合のヘッドセットメーカーMagic Leapも当初、網膜に直接画像を照射する実験を行っていた


提供:Vjeran Pavic/The Verge

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]