logo

アップルとシスコ、サイバー保険を提供へ--アリアンツらと提携

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年02月06日 10時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AppleとCisco Systemsは米国時間2月5日、両社の製品を使用する法人顧客がサイバー保険を安価で利用できるよう、保険会社Allianzとリスク管理企業Aonとのパートナーシップを締結したと発表した

 その狙いは、セキュリティ技術とセキュアなデバイス、サイバーセキュリティ分野の専門知識、サイバー保険を組み合わせることで、ランサムウェアやマルウェアといったサイバー脅威に対処する、より効率的かつ安価な手段を企業に提供することだという。

Apple
提供:Apple

 ただし、この保険を利用するためには「Cisco Ransomware Defense」ソリューションと、Appleの特定ハードウェア製品を使用する必要がある。

 Cisco Ransomware Defenseには、電子メールにおける高度なセキュリティや、エンドポイントの保護、悪意のあるウェブサイトのブロックなどの機能が含まれている。一方Appleは、「iOS」デバイスにおけるハードウェアとソフトウェア、サービスの統合によって、各コンポーネントは信頼できるものとなっていると記している。

 Appleは「ユーザーは、ハードウェアによる常時暗号化とともに、Transport Layer Security(TLS)といったセキュアなネットワークプロトコルのサポート、すぐに使えるVPNというメリットを享受できる」と記している。

 また、今回新たに提供されるソリューションでは、顧客が個別のリスク分析や、免責金額の減免というメリットを手にするとともに、サイバー攻撃を実際に受けた場合には、CiscoとAonによるインシデント対応とサポートサービスを利用できるようになっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集