logo

アップル、「macOS Server」への大幅な変更を発表--多数のサービスを廃止へ

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年01月30日 12時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間1月24日、「Prepare for changes to macOS Server」(「macOS Server」の変更に対する準備)と題したサポートページを公開し、macOS Serverが、ネットワーク上のコンピュータやデバイス、ストレージの管理に重点を移していくこと、その結果、サーバの仕組みにいくつかの変更を予定していることを明らかにした。

 同社は廃止を予定しているサービスのリストを記載している。

 まず、カレンダー、連絡先、メッセージング、電子メールサーバが廃止される。

 「プロファイルマネージャ」は廃止対象に挙がっていないが、この機能は電子メールやカレンダー、連絡先、メッセージのユーザーアカウントのセットアップにも使用されているので(そして、これらのサービスは廃止されるので)、少なくとも機能は今よりはるかに限定的になるだろう。

 より根本的なサーバレベルでも、Dynamic Host Configuration Protocol(DHCP)とDomain Name Services(DNS)が廃止される。

 セキュリティ確保のため「NetInstall」でシステムを起動している人もいるかもしれないが、この機能も利用できなくなる。「BSDPy」や「NetSUS」を使うと、自分でリモート起動を再構築することが可能だ。

 仮想プライベートネットワーク(VPN)を使って、サーバにログインするリモートワーカーがいる場合は、新しいVPNサーバのインストールが必要になる。

 macOS Serverを使ってウェブサーバを運用している場合や「Wiki」サーバを使用している場合も、代替を準備する必要がある。

 キャッシュサーバ、「Time Machine」サーバ、ファイル共有の詳細オプションについては、既に通常の「macOS」に組み込み済みだ。統合開発環境(IDE)の「XCode Server」もmacOSの「XCode」に統合されている。

 廃止予定のサービスを現在利用中のユーザーは、2018年春にリリース予定の次期「macOS Server」アップデート後も利用できるが、新規インストールに関しては非表示になる。それ以降のmacOS Serverのリリースではこれらのサービスは削除される。Appleのサポートページでは廃止サービスの代替プログラムを記載し、インストールして使用することを勧めている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]