logo

「Android 8.1」、Wi-Fi接続前に速度を表示する新機能

Liam Tung (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2018年01月24日 09時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは「Android 8.1 Oreo」向けに、Wi-Fiネットワークに接続する前に速度を表示する新機能を提供開始した。Wi-Fiの信号は高速な場合もあるが、モバイル通信を使用した方がよかったと後悔するほど遅いこともあるため、接続の際に時間を浪費せずに済むよう支援する。

 新たな速度ラベルはWi-Fiの強度記号の隣に表示され、ネットワーク速度を「遅い」「OK」「速い」「非常に速い」に分類している。

 「遅い」は、電話をかけたりテキストメッセージを送信したりするのに十分なネットワーク速度であることを示す。「OK」は、サイトの閲覧、ソーシャルメディアの使用、音楽のストリーミングに適しており、「速い」はほとんどの動画に適した速度であることを表す。「非常に速い」は、非常に高画質な動画をストリーミングできることを意味する。

 「Pixel」ユーザーフォーラムのコミュニティーマネージャーは、各ラベルはネットワークの速度範囲を反映しており、オープンなWi-Fiネットワークにのみ対応すると説明した。これはつまり、接続するのにパスワードが必要なネットワークには速度ラベルが表示されないということだ。

  • 遅い=0〜1Mbps
  • OK=1Mbps〜5Mbps
  • 速い=5Mbps〜20Mbps
  • 非常に速い=20Mbps超

 Googleの速度ラベルを表示させたくないユーザーは、「設定」で機能を無効にできる。

 これらのラベルは、見込まれる速度を示す大まかな指標にすぎないが、リストからネットワークを選択する際、これまではWi-Fiの電波強度しか表示されなかったところにこの追加情報が表示されれば、便利な場合もある。

 この機能は、Android 8.1に搭載されることが2017年12月に発表されたが、テストを経て今回の提供開始に至った。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]