logo

MS、低価格のレノボ製ノートPCなど教育向け製品を発表

Lori Grunin  (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年01月23日 12時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftはロンドンで現地時間1月24日から開催される展示会「Bett」に先駆け、2018年の教育機関向け製品を発表した。ノートPC「Lenovo 100e」(189ドル〜)と、「Minecraft: Education Edition」に化学を学べるツールが加わるアップデート、米国時間5月31日まで有効な「HoloLens」(まだ開発者向けキットのみ)のアカデミックライセンスによる10%割引などが目玉だ。


学校向けの低価格ノートPC「Lenovo 100e」

 耐久性があるIntelの「Celeron Apollo Lake」プロセッサを搭載する新しいLenovo 100eは、わずか189ドル(約2万1000円)。学校による大量購入向きの価格だが、教育分野で大きく推進されている複合現実(MR)に十分対応できるほどの性能ではない。一方、低価格の「Chromebook」もMRには対応できない。

 279ドル(約3万1000円)の新しい「Lenovo 300e」もMRには対応できないが、少なくともタッチペンと3Dをサポートし、ディスプレイ部分が360度回転してタブレットになるコンバーチブル型だ。

 Microsoftは、新興経済国における大手パートナーJPが販売する、同等の機能を持ったノートPC2機種も発表した。

 その他の発表として、BBC Worldwideが3月に、学校や博物館を対象としてHoloLens/MRバージョンの「Oceans: Our Blue Planet」を世界的に公開する予定で、こちらも素晴らしいものになりそうだ。そしてもちろん、「Office 365 for Education」にも教育関連のアップデートが予定されている。


「Minecraft: Education Edition」に化学が学べるツールが加わる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集