logo

TOEIC900点レベルのAI翻訳ソリューション--NTT Comが3月から提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は1月15日、企業向けにAIによる超高精度の自動翻訳を実現する「AI翻訳プラットフォームソリューション」を、3月1日から提供すると発表した。

 AI翻訳プラットフォームソリューションは、最新のニューラルマシントランスレーション(NMT)技術と、NTTグループ企業であるみらい翻訳が国立研究開発法人情報通信研究機構と共同開発した翻訳エンジン「COTOHA Translator」を採用。簡単な操作で、ビジネス文書などを超高精度で翻訳できるようになるという。


 事前に実施した精度評価実験では、5段階評価で平均4.0を達成し、汎用的なインターネット翻訳(平均3.7)を約14%上回る結果になったという。また人間による翻訳との比較でも、TOEIC900点レベルの被験者と同等の平均点に達し、人間が平均7時間を要した一方、同エンジンは約2分以内で訳出したとのこと。

 Microsoft Office形式のファイル(Word、Excel、PowerPoint)やPDF形式のドキュメントをそのまま翻訳して、他言語に変換できる機能も実装。インターネットの無料翻訳サービスなどでは正しく訳せない社内用語や専門用語についても、辞書登録やチューニングによって対応できるため、ビジネスにおける高い実用性を有しているという。

 現在は、日本語から英語および、英語から日本語への翻訳に対応するが、今後は中国語など他言語への対応を予定。また、NTTグループのセキュリティ技術やソリューションを組み合わせたメニューの追加を検討している。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]