logo

Dropbox、非公開でIPO申請との報道

Jake Smith (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年01月12日 08時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  Dropboxが、新規株式公開(IPO)を非公開で申請したとBloombergが報じている。同社は長期にわたり、上場の可能性について報じられてきた。実現すれば、2018年に最も注目を集めるIPOの1つになる見通しだ。

 記事によると、Dropboxは2018年上半期の上場を目指している。Goldman SachsとJP Morgan Chaseをリードアドバイザーとして起用しており、さらなる金融機関の追加を検討しているという。

 2014年の資金調達ラウンドでの評価額は約100億ドルとされていた。

Dropbox

 Dropboxは、IPO書類の提出について明らかにしていない。この申請は、特定の期日までに上場することを同社に義務付けるものではない。

 Dropboxは、5億人のユーザーが同社のソフトウェアサービスを利用していると述べている。一般ユーザーや企業ユーザーがファイルを保存し、互いに共有できるサービスだ。2017年1月には年間売上が10億ドルに達する見通しだと発表しているが、同社の財務状況の詳細は明らかにされていない。上場を果たせば、収支状況などがまもなく明らかになるだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]