logo

「Firefox」拡張機能の無断インストールでモジラが謝罪、調査結果を公表へ

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2017年12月20日 11時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mozillaが、米国ユーザーの「Firefox」ブラウザに謎めいた拡張機能をインストールした件について正式に調査している。この拡張機能は、テレビドラマシリーズ「MR. ROBOT」とのタイアップによる企画だったが、意図に反してユーザーの間で懸念と怒りを引き起こす事態を招いていた。


提供:Mozilla

 この拡張機能は「Looking Glass」という名称で、ハッカー、プライバシー、大手テクノロジ企業の持つ力などをテーマとしたドラマ、「MR. ROBOT」とのタイアップにより開発されたものだった。番組の企画として、このドラマのファン向けに現実の世界とオンラインの世界で示される手がかりを基にパズルを解くという趣向の拡張現実(AR)ゲームが作成されており、Firefox向けの拡張機能Looking Glassはその最新のステップとしてリリースされた。

 だが、「MY REALITY IS DIFFERENT THAN YOURS」(私の現実はあなたのものと違う)という謎めいた説明しかないこの拡張機能が、背景を全く知らない多くの人のFirefoxにインストールされる事態となった。しかもMozillaは、Firefoxの開発者がパフォーマンスやバグのチェックに利用するブラウザテストツールを使って、この拡張機能を米国の英語版Firefoxユーザーに送信していた。怪しげに見える拡張機能を許可なくインストールしたこと、さらにそのインストールにテストツールを使ったことから、Mozillaはユーザーから大きな反感を買うことになった。Firefoxユーザーは、どちらの行為も信頼を踏みにじるものだとして、Redditのフォーラムで不満を述べていた

 「今回のリリースは、われわれが自らに課している基準を満たさないものであり、Firefoxコミュニティの間に懸念を広める結果となった。(中略)このような混乱を招いたこと、およびコミュニティーのメンバーを失望させたことをおわびする」と、Mozillaは米国時間12月18日付のブログ記事で述べている。非営利法人のMozillaは、技術、法律、広報のプロセスに関する社内調査を正式に開始しており、これらのプロセスの調査結果と改善策を2018年1月に公表する見込みだ。

 なお、この拡張機能自体は、個人情報を収集するものではなく、ユーザーが有効にしない限り何らかの動作をすることもなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]