logo

「YouTube TV」、「Roku」と「Apple TV」用アプリは2018年第1四半期に

David Katzmaier (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年12月20日 08時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ようやく正式版アプリがリリースされた「YouTube TV」だが、さまざまなテレビ機器に対するリリースは当初の計画よりも遅れている。

 「Roku」と「Apple TV」用のアプリは当初、2017年末までにリリースされる予定だったが、現在は2018年の第1四半期に予定されている。また筆者がYouTubeの担当者に聞いたところによると、同じ第1四半期に、古いスマートテレビ用のアプリもリリースされるという。具体的には、2014~2015年に発売された一連のサムスン製テレビと、「Android TV」ではなくLinuxベースのOSを搭載する旧式のソニー製テレビだ。

YouTube TV
提供:YouTube

 YouTube TVは、ケーブルテレビを解約したユーザーをターゲットとして米国で提供されている、月額35ドル(約3900円)のライブテレビ配信サービスだ。猫の動画やハウツー動画、多数の独立系チャンネルや番組であふれた、誰もがよく知っている無料のYouTubeとは異なり、YouTube TVはケーブルテレビと直接競合するサービスだ。

 米国の80を超える都市で提供され、各地域のテレビチャンネルが視聴可能だ。

 YouTube TVは現在、「iOS」や「Android」を搭載するスマートフォンやタブレット、PCブラウザに加えて、テレビに接続された「Chromecast」などの機器を使って視聴できる。

 これとは別に、YouTubeは、無料のYouTubeメインアプリ(猫の動画などであふれている方)を、2018年1月1日までに「Fire TV」機器から引き上げる計画を明らかにしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]