logo

グーグル、新技術をテストする3つのカメラアプリをリリース

Jake Smith (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高橋朋子 (ガリレオ)2017年12月12日 11時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間12月11日、3つのカメラアプリを試験的にリリースした。物体認識や人物切り出し、様式化アルゴリズム、効率的な画像エンコードおよびデコードといった実験段階の技術をテストするものだ。

 Googleはこれら3つのアプリ「Storyboard」「Selfissimo!」「Scrubbies」を、自社のアプリ「Motion Stills」にヒントを得た「Appsperiments(アプリ実験)」の一環と位置づけている。

 1つ目の「Android」向けStoryboardは、動画を1ページ漫画風のレイアウトに変換するアプリだ。ユーザーが動画を撮影すると、興味深いと思われるコマをアプリが自動的に選択し、それらをレイアウトして視覚効果を加える。

 2つ目のSelfissimo!は、被写体がポーズをとるたびにモノクロ写真を撮影する自動セルフィー撮影アプリ。ユーザーが画面をタップして撮影を開始すると、ポーズをとるよう促し、ユーザーが動きを止めるたびに写真を撮影する。同アプリはAndroid版「iOS」版がある。

 3つ目のiOS向けScrubbiesは、動画の再生速度と方向を操作して、動きを強調したり、面白い表情を捉えたり、ある瞬間をリプレイするループ動画を作成できる。1本の指で画面をこするようにスワイプすると動画再生を操作できる。2本の指で操作すると、作成した動画を保存したり共有したりできる。

Scrubbiesでは、指で細かく動画を操作できる。
提供:Google

 これらの新しい機能は今後、Googleから安定したコンシューマアプリがリリースされる布石と考えられる。Googleがすでに提供しているMotion Stills(AndroidおよびiOS向け)では、「iPhone」の「Live Photos」機能で撮影した画像を滑らかなGIFに変換したり、共有したりできる。

 またGoogleは同じく11日、拡張現実(AR)のキャラクターを写真や動画に組み込める、「Pixel 2」端末向けの「AR Stickers」をリリースした。この新機能は、「Android 8.1」の一部として提供されている。

AR Stickersを組み込んだ動画。
提供:Jason Cipriani/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]