logo

アップル、音楽認識アプリのShazamを近く買収か

Jake Smith (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2017年12月11日 08時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが、英国に拠点を置くShazamをまもなく買収するという。Shazamは、周囲に流れている音楽やテレビ番組を認識するアプリの開発企業だ。TechCrunch、Bloomberg、Recodeが報じた

 買収金額は4億ドル(約450億円)とも報じられており、早ければ米国時間12月11日に発表される可能性があるという。AppleがShazamの技術やチームを、自社のサービスにどのように組み込む計画かは今のところ不明だ。

 両社は買収について明らかにしていない。米ZDNetはAppleとShazamにコメントを求めている。

 Shazamは、ユーザーが聴いている楽曲を同社のデータベースと照合し、曲を特定できるようにするアプリだ。2008年にリリースされ、1日あたりの利用回数は2000万回を超えるという。Shazamの機能は、「Apple Music」とうまく融合し、「Spotify」に対する競争力強化につながる可能性がある。

 Appleは先週、ポッドキャスト検索を手掛けるPop Up Archiveを買収したと報じられた。

Apple

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]