logo

BlackBerry、次世代スマートカー向けプラットフォームの開発でクアルコムと提携

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2017年12月08日 13時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 かつてスマートフォンを製造し、現在はセキュリティソフトウェアを手がけるBlackBerryは、米国時間12月7日、Qualcomm Technologiesと提携して、次世代コネクテッドカー向けのプラットフォームを開発すると発表した。両社は、BlackBerryの「QNX」プラットフォームをQualcommのモデムや無線通信技術と組み合わせる計画だ。QNXはかつて、BlackBerryのスマートフォン向けモバイルソフトウェア「BlackBerry 10」で利用されていた。

 BlackBerryには、テレマティクスや仮想コックピットコントローラなどの技術がある。このことから、配達用トラックなど商用車分野に取り組むと考えられる。

 両社は10年以上にわたって協力関係にあったが、これによりさらに提携を深めることになる、とBlackBerryは述べている。


BlackBerryの最高経営責任者(CEO)、John Chen氏
提供:Roger Cheng/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]