logo

ネットクレーンゲーム事業にナムコも参入--「とるモ」を2018年春から開始

佐藤和也 (編集部)2017年12月04日 12時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ナムコは12月4日、インターネット上でリアルな景品ゲーム機を楽しめるサービス「ナムコネットクレーンモール『とるモ』」を2018年春から開始すると発表した。

「とるモ」ロゴ画像
「とるモ」ロゴ画像
PAC-MAN & (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

 とるモは、PCやスマートフォン、タブレットから、いつでもどこでも景品ゲームを楽しむことができるインターネット上の店舗。バンダイナムコグループが保有するキャラクターのオリジナル景品や限定景品などのラインアップを用意。利用者がゲーム内で獲得した景品は自宅へ配送する。また、グループのノウハウを活用した独自システムにより、ゲーム機の操作方法を含めユニークな景品ゲームの遊び方を提供するとしている。

 サービス開始に先駆け、12月4日から事前会員登録キャンペーンを実施。また、12月25日10時からクローズドベータテストを開始する。事前会員登録は専用サイトからバンダイナムコIDを使用して登録を行う。

 クレーンゲームの市場規模は年間約2000億円を超えているとされており、アミューズメント施設で人気のサービス。オンラインによるクレーンゲームサービスについても、近年はタイトーセガエンタテインメントなど、大手企業の参入が相次いでいる。

-PR-企画特集