logo

サムスン、対話型AI開発の韓国企業Fluentyを買収

Cho Mu-hyun (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2017年11月29日 12時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスン電子は、対話型人工知能(AI)の開発に特化した韓国の新興企業Fluentyを買収した。

 サムスンは、同社のモバイル部門が主導したこの買収により、自社のAIプラットフォーム「Bixby」にFluentyのサービスを統合できるようになる。

 Fluentyは、韓国検索大手のNAVERおよびDaumの元開発者らが設立した企業で、AI技術をベースに最適な返信メッセージを提案するアプリを手がけている。このアプリは2015年に米国で、2016年に韓国でリリースされた。同サービスは、「KakaoTalk」「Facebook Messenger」「Google Hangouts」「WhatsApp」などのチャットアプリをサポートしている。

 サムスンは先週、家電およびモバイル事業の研究部門を統合したSamsung Researchを設置することを発表した。AI技術における新たなビジネスチャンスを探るため、Samsung Research傘下に新たなAIセンターが新設される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]