logo

「Android」端末、位置情報サービスOFF時も基地局情報を追跡--修正へ

Sarah McDermott (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年11月22日 07時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが、位置情報サービスがオフの場合も「Android」搭載スマートフォンの位置に関する情報を収集していたことが、ある調査で明らかになった。

 オンラインメディアのQuartzは、Android搭載スマートフォンが付近の基地局の位置情報を収集してGoogleに送信していることを発見した。その情報は、スマートフォンの位置情報サービスがオフである場合、アプリが1つも使われていない場合、スマートフォンにSIMカードが挿入されていない場合も収集されていた。

 「その結果、Alphabet傘下でAndroidを開発するGoogleは、プライバシーに関する消費者の合理的な期待の範囲を大きく超えて、個人の位置と移動に関するデータにアクセスすることができる」とQuartzのKeith Collins記者は伝えている。

 Googleの広報担当者はQuartzに対し、基地局の位置情報が過去11カ月間にわたって、Android端末上のプッシュ通知やメッセージを管理するためにGoogleが使用するシステムに送信される情報に含まれていたと述べた。その情報が使用されたり保存されたりしたことはまったくなく、同社はその慣行を11月末までにやめるという。

 Googleがユーザー端末の位置情報を追跡していることは周知の事実だ。私たちが日常的に使用するアプリの多くが、位置情報サービスをオンにしなければ適切に動作しない。プライバシーが気になるユーザーは、位置情報の履歴を「Googleマップ」のタイムラインから削除し、過去の検索結果のスクリーンショットを保存しないように、Android端末を設定することができる。

 米CNETはGoogleにコメントを求めたが、直ちに回答は得られなかった。

Googleの「Pixel 2 XL」
Googleの「Pixel 2 XL」
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集