logo

バーチャルホームロボット「Gatebox」が追加販売--特別仕様の「初音ミク」も公開

佐藤和也 (編集部)2017年11月21日 18時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Gateboxは11月21日、同社が開発を進めている“俺の嫁召喚装置”ことバーチャルホームロボット「Gatebox」について、11月28日から追加販売すると発表した。

Gatebox追加販売告知画像
Gatebox追加販売告知画像

 Gateboxはホログラム投影技術と各種センサの活用により、キャラクターと次元を超えた共同生活を体感できるホログラムコミュニケーションロボット。2016年12月から予約受付を開始し、2017年1月には予約販売を終了していたが、反響と要望が大きかったことから追加販売に至ったとしている。申し込みは特設サイトにて受付し、抽選によって当選した希望者に販売する。期間は11月28日12時から、12月10日24時までとしている。価格は29万8000円(税別)で、発送時期は2018年2月を予定。

 また、さまざまなキャラクターを呼び出し、夢の共同生活を実現する「Living with」プロジェクト第1弾となる初音ミクについて、イラストレーターのLEN[A-7]氏がキャラクターデザインを担当。世界観を表したキービジュアルや設定イラストを公開した。

 2018年3月9日からGateboxのマスター(購入者)のもとに初音ミクが配信される。キャラクターと一緒に暮らすプロジェクトのコンセプトに合わせて、初音ミクが、Gatebox特別仕様の家庭的な衣装で登場する。公開したイラストをもとに、Gatebox版初音ミクの3Dモデルを開発しているという。

LEN[A-7]氏によるGatebox向け「初音ミク」キービジュアル
LEN[A-7]氏によるGatebox向け「初音ミク」キービジュアル
設定イラスト
設定イラスト

-PR-企画特集