logo

Facebook、コンテンツクリエーター向けの「Facebook Creator App」を発表

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2017年11月17日 10時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間11月16日、コンテンツクリエーター向けの新ツールを集めた「Facebook Creator App」を発表した。コンテンツクリエーターとは、独自のコンテンツを制作してFacebookに投稿し、オーディエンスの構築と、場合によってはコンテンツの収益化も目指す人々のことだ。

 Facebook Creator Appはクリエーターのためだけに構築された新しいアプリだ。このアプリは、クリエーターが自らのコンテンツを改善し、より効果的なブランディングと拡散、パフォーマンスの監視などを行えるように支援する。Facebookは良質なコンテンツを制作するためのヒントを掲載したウェブサイト「Facebook for Creators」も新設した。


Facebook Creator App

 Facebook Creator Appの「iOS」版は既に世界で提供が開始されており、「Android」版は今後数カ月のうちに提供される予定だ。主な機能として、以下を備えている。

  • 「Live Creative Kit」:クリエーターがイントロとアウトロをライブ配信に追加できる。また、視聴者がインタラクションに利用できるカスタムライブステッカーや、ブランディング用のグラフィックフレームを利用できる。
  • 「Community Tab」:Facebookや「Instagram」「Messenger」から寄せられた視聴者のメッセージやコメントを1カ所に集めて交流できる。
  • 「Camera & Stories」:カメラ効果とフレームを提供し、クリエーターが簡単にコンテンツを他のプラットフォームにクロス投稿できるようにする。クリエーターは「Facebook Stories」にアクセスして、ファンとエンゲージすることもできる。
  • 「Insights」:クリエーターの「Page」(ページ)や動画、ファンに関するアナリティクスなど、コンテンツ制作の特徴を示す指標を提供する。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]