Pebbleを引き継ぐFitbit初のスマートウォッチ「Fitbit Ionic」、2018年1月に発売へ - (page 2)

坂本純子 (編集部)2017年11月15日 18時47分

 イベントでは、ブルーエアー 代表取締役の嶋田智成氏がClock Faceの作り方の手順を紹介。また、ワールドソフト・イーエス WEBアプリケーションチーム チーフエンジニアの鈴木克明氏が、アプリの開発方法について解説した。

ブルーエアー 代表取締役の嶋田智成氏が、Clock Faceの作り方をデモした
ブルーエアー 代表取締役の嶋田智成氏が、Clock Faceの作り方をデモした
Clock Faceをつくるのに必要なものは、Fitbit Ionic本体とスマートフォン+Fitbitアプリ、PCのブラウザ(主にChrome推奨)とWi-Fi環境
Clock Faceをつくるのに必要なものは、Fitbit Ionic本体とスマートフォン+Fitbitアプリ、PCのブラウザ(主にChrome推奨)とWi-Fi環境
Clock Face作成のステップ
Clock Face作成のステップ
ブラウザベースの開発環境、fitbit studio。Chromeの使用を推奨するとのことだ
ブラウザベースの開発環境、fitbit studio。Chromeの使用を推奨するとのことだ
実機で動かすためのステップ
実機で動かすためのステップ
デザインの作り方
デザインの作り方
Clock Faceを作るためのポイント
Clock Faceを作るためのポイント
ワールドソフト・イーエス WEBアプリケーションチーム チーフエンジニアの鈴木克明氏が教える、アプリ開発のポイントと注意点
ワールドソフト・イーエス WEBアプリケーションチーム チーフエンジニアの鈴木克明氏が教える、アプリ開発のポイントと注意点

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]