logo

Fitbit、新スマートウォッチ「Ionic」を発表--心拍計、音楽プレーヤーにも

Jack Schofield (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高橋朋子 (ガリレオ)2017年08月29日 10時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この10年間、フィットネスバンド市場で優位にあるFitbitが、299.95ドルの「Fitbit Ionic」によって、ついにスマートウォッチ市場に本格参入しようとしている。GPSおよび近距離無線通信(NFC)を内蔵し、改良された心拍計、最大50mの耐水性能、音楽プレーヤーなどの機能を備えるため、スマートウォッチを活用するのにスマートフォンを持ち歩く必要はない。

Fitbit Ionic
Fitbit Ionic
提供:Fitbit

 しかし、Fitbit Ionic独自のセールスポイントは、優れた心拍計機能にある。この心拍計には、血中酸素量を推測、追跡できる「相対的SpO2(酸素飽和度)センサ」が内蔵されている。

 またFitbit Ionicは、新たなBluetooth対応イヤホン「Fitbit Flyer」や、パーソナルトレーナーアプリ「Fitbit Coach」、「Fitbit Pay」、Wi-Fi対応スマート体重計「Fitbit Aria 2」、および「Fitbit Studio」などで構成されるシステムの一部だ。ウェブベースのソフトウェア開発キット(SDK)であるFitbit Studioを利用すれば、JavaScriptやCSS、SVGを用いて、誰でもアプリを(少なくとも独自の文字盤を)開発できる。アプリは、個人で共有したり、Fitbitの「App Gallery」を通じて公開することが可能だ。Fitbitによると、今秋には同ギャラリーに「Flipboard」「GAME GOLF」「Nest」「Surfline」といったアプリが登場する見込みだという。

Fitbit Flyer
Fitbit Flyer
提供:Sarah Tew/CNET

 IonicはFitbit製のOSを採用しているようだが、「クロスプラットフォームの互換性」を備えると同社は述べている。「アプリを開発して、『Android』『iOS』『Windows』プラットフォームにまたがる大規模でグローバルなFitbitのユーザーコミュニティーに届けよう」とプレスリリースには書かれている。


提供:Fitbit

 バッテリ駆動時間は、Fitbitによると「4日以上」。筆者が現在使用している「Fitbit Charge 2」のバッテリ駆動時間は「最大5日」だ。

 Fitbitのオンラインストアでは現在、Fitbit Ionic(299.95ドル)、Fitbit Flyerイヤホン(129.95ドル)、Aria 2スマート体重計(129.95ドル)およびさまざまなアクセサリバンドの先行予約を受け付けている。Fitbit Ionicスマートウォッチは、10月に世界各国で発売される予定。ウェブベースの開発環境であるFitbit Studioは、9月にリリースされる。

 adidasと提携した「スペシャルエディション」版のFitbit Ionic、およびそれに付随するadidasのトレーニングプログラムは、2018年にリリースとなる予定。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]