logo

Uber、性別と人種による報酬差別で訴えられる

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2017年10月27日 12時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Uber Technologiesの女性エンジニア3人が、性別と人種による差別で同社を提訴した。企業文化のイメージ改善に苦心している同社だが、その中での最新の告発となる。

 訴訟は米国時間10月24日、ラテン系の女性ソフトウェアエンジニア3人によって、サンフランシスコの上位裁判所にて申し立てられた。3人は、Uberの報酬体系は女性や有色人種を差別しており、結果として、所得や昇進、諸手当の面で損失を被ったと主張している。

 Reutersが確認した訴状によると、従業員の評価システムは「有効で信頼できる業績評価に基づいておらず」、男性と白人やアジア系の従業員を優遇し、女性やラテン系米国人、米国先住民およびアフリカ系米国人は、業績評点が低いという。また、昇進や昇給、ボーナス、ストックオプションの機会も失われていると主張する。

 訴状で3人は、「このシステムでは、男性や白人またはアジア系米国人の同僚と比べて、女性や有色人種の従業員が体系的に低く評価されている」と述べた。


提供:Adam Berry/Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]