logo
企業決算

マイクロソフトの第1四半期、「Azure」など好調で予想上回る--12%増収

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2017年10月27日 12時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間10月26日、2018年会計年度第1四半期(9月30日締め)の決算を発表した。コマーシャルクラウドの年間売り上げのランレート目標である200億ドルに達している。また全体の業績も予想を上回る内容となった。

Microsoft Q3

 Microsoftは2015年4月、コマーシャルクラウド事業の目標として年間ランレートを200億ドルと設定していた。コマーシャルクラウド事業には、「Azure」「Office 365」ビジネスサービス(Exchange Online、SharePoint Online、Skype for Business Online、Microsoft Teams)「Dynamics 365」「Enterprise Mobility + Security Suite(EMS)」などが含まれる。

 Microsoftはまた、四半期ごとのコマーシャルクラウドの売上高を公開し始めた。

 全体としては、第1四半期の純利益は66億ドル、1株あたり利益は84セントとなった。売上高は245億ドルで、前年同期から12%増加した。

 アナリストは、売上高を235億6000万ドル、1株あたり利益を72セントと予想していた。

Microsoft Q3

 以下に重要な数字を挙げる。

  • プロダクティビティとビジネスプロセスの売上高は28%増の82億ドルとなった。法人向け「Office 365」と「Dynamics 365」がけん引した。
  • LinkedInの売上高は11億ドルだった。
  • サーバ製品とクラウドサービスの売上高は前年同期比17%増となった。
  • 「Azure」の売上高は90%増となった。
  • 「Surface」の売上高は、最新の「Surface Laptop」が好調で、前年同期比12%増となった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]