logo

オンキヨー、好みの声でAIコミュニケーションできる「Onkyoアプリ」--モーターショーで参考出品

加納恵 (編集部)2017年10月24日 15時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンキヨーは、10月27日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催される「第45回東京モーターショー2017」で、東芝デジタルソリューションズの音声合成技術を利用した音声アプリケーション「Onkyoアプリ」(仮称)を参考出品すると発表した。

音声アプリケーション「Onkyoアプリ」
音声アプリケーション「Onkyoアプリ」

 Onkyoアプリは、RECAIUSの音声合成技術とオンキヨーの音声における入出力に関する技術を組み合わせて開発された音声アプリ。好みの声でAIコミュニケーションを実現できるという。

 東京モーターショー2017では、主催者テーマ展示「TOKYO CONNECTED LAB 2017」に出品し、さまざまな音声によるテキストの読み上げを体験できるとしている。

 オンキヨーでは、2017年夏にスマートデバイスリンク(SDL)コンソーシアムに加盟。スマートスピーカーのSDL対応や、モビリティ業界で音に関する技術に基づく製品づくりに取り組んでいくとのこと。Onkyoアプリも、同社ならではの付加価値として提案していくという。

-PR-企画特集