logo

グーグル、人気アプリのバグ発見に報奨金1000ドルのプログラム開始

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2017年10月23日 10時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleがバグ発見者への大手報奨金プラットフォーム「HackerOne」と協力して、「Google Play Security Reward Program」を開始した。

 Googleは「Google Chrome」「Android」、ウェブサイトを対象に独自のバグ報奨金プログラムを実施しているが、今回、「Google Play」ストアで提供されている人気Androidアプリにもそのコンセプトを拡大した。条件を満たす脆弱性を発見した研究者には、1000ドルの報奨金が支払われる。

 Google Play Security Reward Programのアプリには、「Alibaba」や「Dropbox」、「Duolingo」、「Headspace」、「LINE」、「Mail.Ru」、「Snapchat」、「Tinder」が含まれるが、今後、さらに多くのアプリが追加される可能性もある。

 報奨金が支払われるバグは、「Android 4.4」以降を実行するデバイス上で有効なリモートコード実行(RCE)脆弱性に限られる。これには、悪意あるコードをダウンロードおよび実行させることで、ユーザーインターフェースを操作して詐欺取引を発生させたり、アプリ内でフィッシング用のウェブビューを開いたりする攻撃が含まれる。エクスプロイトがAndroidのサンドボックスを迂回する必要はない。

 実際にバグを発見した研究者は、まず影響を受ける開発元にその問題を報告しなければならない。同プログラムのページには、参加企業への報告先となるページのリンクが掲載されている。開発元がそのバグを修正した後で、研究者はそれをGoogle Play Security Reward Programに報告する。その後、そのバグが報奨金に値するかどうかの審査が行われる。

 同プログラムのページによると、人気Androidアプリの開発元は同プログラムへのオプトインを促されているようだ。このプログラムの狙いは、バグ報奨金モデルにおけるセキュリティ研究の奨励だとしている。


Google Playストアの人気アプリに、バグ発見への報奨金プログラムが適用される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]